トップページ > 企業情報
いわき大王製紙とは

全国の紙消費量の60%を占め、古紙発生量の45%を占める首都圏の至近距離に位置し、各種古紙を有効活用できる工場として、「古紙を最大限に利用する」というコンセプトのもと、平成8年に大王製紙の関連会社として設立しました。
当工場では、大王製紙が蓄積しているノウハウを活かし、国内初の古紙100%新聞用紙の製造に成功しました。古紙をリサイクルすることで、紙の原料となる木材さらには木材をパルプに加工する際に発生する二酸化炭素(CO2)の大幅削減に貢献、2000年にはリサイクル推進功労者等表彰で「通商産業大臣賞」を受賞しました。これからも森林資源保護ひいては地球温暖化の防止に貢献していきます。

企業情報

事業内容

新聞用紙・段ボール原紙の製造

所在地

〒974-8242  福島県いわき市南台4-3-6

電話番号

TEL.0246-62-1111

設立

1996年4月

資本金

25億円

従業員

235名

売上高

208億円(2011年3月期)

事業所

本社・工場/福島県いわき市

関連会社

大王製紙株式会社

平均年齢

34歳

アクセスマップ

交通機関
 常磐自動車道[いわき勿来I.C]より車で10分
 JR常磐線[植田駅]より車で15分
 JR常磐線[勿来駅]より車で20分
 JR常磐線[泉駅]より車で25分

周辺地図

インデックス
企業情報
企業理念
沿革
ISOについて
トップページへ戻る