トップページ > 工場紹介

未来を見据える巨大プラント。

地球環境に配慮したプラントを構築し、それを稼働させる。地球環境の保護という、未来へ向けた最も大切な人間の行動に対して、原料を古紙100%という新しいコンセプトで作られたプラント、それがいわき大王製紙です。
月産9,500トンの新聞用紙、月産28,500トンの段ボール紙を生み出す巨大な生産ラインも、そして、工場で使用するための電力を生み出す自家発電設備も、全ては私たちが暮らす地球環境の保護につながると考えています。
豊かな地球を守り続けるプラントこそ、いわき大王製紙が目指すところ。そしてここで働く全ての仕事は、地球環境保護という大きな目的に向かって進んでいます。

バイオマスボイラー


インデックス
段ボール原紙製造
新聞用紙製造
発電施設
排水処理
製品紹介
トップページへ戻る