トップページ > 段ボール原紙製造(古紙処理)
段ボール原紙製造
古紙処理

平成10年に段ボール原紙の生産を開始。現在、未晒ライナー、白ライナー、合わせて28,500t/月のボール原紙を生産しています。
段ボール原紙の製造工程は、まず古紙中の異物を取り除き、古紙パルプを製造することから始まります。製造した古紙パルプは、バージンパルプと共に抄紙機に送られ、4つの層の湿紙を重ね合わせて乾燥させた後、巻取状の紙に仕上げ段ボール原紙が出来上がります。


古紙処理フロー
古紙処理フロー
次へ

インデックス
段ボール原紙製造
新聞用紙製造
発電施設
排水処理
製品紹介
トップページへ戻る