トップページ環境保護 > 古紙利用状況
古紙利用状況

いわき大王製紙は、新聞用紙と段ボール原紙の製造に、年間約50万トンの古紙を使用し、リサイクルに貢献しています。東北6県に所在する製紙工場の中でも最大の古紙使用量となっています。

積み上げられた古紙

使用古紙について

いわき大王製紙では、様々な種類の古紙を使用しています。
  1.段ボール……段ボール工場、紙器工場、市中から発生
  2.新聞…………家庭、会社及び官公庁より発生
  3.雑誌…………家庭、会社及び官公庁等より発生する雑誌類
  4.台紙・地券…紙器工場等より発生する白ボールの裁落
  5.上白・模造…製本、印刷工場から出る上質紙の裁落、損紙


古紙回収フロー
古紙回収フロー